Twitter

enchant.jsのお勉強_1

enchant.jsのお勉強_1

PC, Mac, iPhone, iPad, Androidすべてで動作するクロスプラットフォームなアプリケーションが開発可能な、
話題のHTML5 + JavaScriptベースのゲームエンジン「enchant.js」を使ってみました。
勉強用に、書籍「enchant.js スマートフォンゲーム開発講座(amazonリンク)」を購入したので、写経しつつ、カスタムしつつ進めながら学習のログを残していきます。

今回は、一定時間毎にステージ上にキャラクターを生成し、ステージ上をランダムに走り回るキャラクターをタッチ(クリック)すると消える。というタッチゲームの基本となるようなベースを作成します。

+more read

html5のひな形

2012/11/26 | html5 | コメント (0)

今更ながら毎回書くことになるので、自分用メモ。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8" />
<meta name="description" content="" />
<meta name="keywords" content="" />
<meta name="viewport" content="" />
<link rel="stylesheet" href="" media="" />
<script src=""></script>
<title></title>
</head>
<body>
</body>
</html>

jQueryでhtmlの簡易ローディング画面をつくる

2012/11/22 | jquery | コメント (3)

jQueryでhtmlの簡易ローディング画面をつくる

大きな画像を多用していたり、パララックスサイトなどで1ページあたりの容量が大きくなった場合、通信回線にもよりますが全ての画像とソースコードの読み込みが完了するまで結構な時間がかかったりします。
読み込み中の間は画像が順次表示されていって美しくなかったり、不具合が起きたり、訪問者がイライラして離脱に繋がったり…いろいろ不都合があります。
これを解消するために、ページを読み込み中の間はローディング画面を表示し、読み込み完了後にコンテンツを表示する方法をとります。

イメージとしては、読み込み中は上記の画像のようにコンテンツの上に目隠し用のレイヤーを表示し、全ての読み込みが完了したタイミングで目隠しを非表示にするイメージです。
ソースコードは左から右へ、上から下へと読まれていくので、ソースコードを書く位置にも注意しましょう。

ソースコードと画像が「全て読み込まれた」というイベントは、javascriptのwindow.onloadで取得できますが、今回はjQueryを利用した書き方になっています。

+more read

CopyRight© 2017 2GRAVITY All Rights Reserved. | powered by WordPress

Page top