Twitter

IE6funeral.com

IE6funeral.com

長年にわたってウェブ・デベロッパーの頭痛の種だったInternet Explorer 6(IE6)。
Googleドキュメントが3月1日にIE6のサポートを止める予定に伴い、3月4日にIE6の葬儀が厳粛に執り行われるそうな。

コロラド州デンバーのデザイン会社、Aten Design Groupはそのための専用サイトをオープンした。
IE6funeral.comを訪問すると、IE6の葬儀に参列を希望するかどうか答えることができる。葬儀はデンバーにある同社の本社で執り行われるが、現地に出向くことができない場合は、花を贈れる。参列者は喪服を着用することが望まれている。
参考サイト: 3月4日にIE6の葬儀が厳粛に執り行われる予定―棺の中は空のようだが…(TechCrunch)

個人的には、固有のバグが多いIE6を使用するユーザーが減少するのは大歓迎です。
しかしながら、依然IE6のブラウザシェアは12.2%(2010年1月)なので、ウェブ製作者にとってはまだしばらくの間は対応が必要ですね…。しかもご子息であるIE7、IE8もなかなかのものである。うーん。

URL: http://ie6funeral.com/


0 Comments»

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ »

初めてコメントされる方は管理人の承認が必要となります。承認されるまではコメントは表示されませんのでご了承ください。

CopyRight© 2018 2GRAVITY All Rights Reserved. | powered by WordPress

Page top